9話ドラマ「超絶☆絶叫ランド」あらすじ紹介

ドラマ「超絶☆絶叫ランド」9話のあらすじです




超絶絶叫ランド9話の紹介です。



第9話 「Survival」


モンスター化した栗原、大庭、そしてヒカルを撃退したアミたちは、
遊園地から脱出するため、一握りの塩を片手に森へ向かうことにした。
森の中をひたすら歩き続けること数時間、夜になり休憩をしていると、
茂みからサオリがボロボロの姿で助けを求めてきた。
サオリは気付くと森の中にいて、何者かに追われるように
森の中を逃げてきたらしい。
そして、サオリと再会したのもつかの間、今度はリノが目の前に現れる。
しかし、リノの様子は何かおかしい、、、。
リノはモンスターなのか?戸惑ううちに、リナが
モンスター化したリノに連れ去られてしまう。
アミたちはリナを助けに、森の奥へと進むが、
突然、霧が立ち込めあたりは真っ白に、、、。
アミは霧が立ち込めはじめるとすぐ隣の手を握り、
逃げる。その手はレイラだった。
反発しつつも一緒に逃げるふたりだが、アミは霧の中、
森のいたるところから聞こえる仲間の絶叫に力を落とす。
「もう、助からない、、、」
絶対絶命の森の中で彼女たちが見たものとは、、、!?

果たして彼女たちは生きて森を抜けることができるのか!?
クライマックスに向け、絶叫にも力が入る!!
“アッパー”な絶叫が森から響き渡る!!



本、BD,DVDなども発売されています。








その他の商品はこちらです。超絶☆絶叫ランドの商品一覧


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする