5話ドラマ「超絶☆絶叫ランド」あらすじ紹介

ドラマ「超絶☆絶叫ランド」5話のあらすじです




超絶絶叫ランド5話の紹介です。



第5話 「きゃりーぱみゅぱみゅ 3ぱみゅぱむ」


隕石墜落をきっかけに遊園地内では人間が次から次へとモンスター化。
遊園地社員・江上、イケメン俳優・マサト、警備員・チャーリーに続き、
信じられないことに、これまで皆のまとめ役であった
社員のサオリまでモンスター化していた。
サオリはアミの手作りホットケーキを食べた瞬間、爆発。

残りのメンバーはサオリまでがモンスター化していたことにショックを受け、
そして、お互いをモンスターかもしれないと疑い始めていた…。
TVクルーたちが撮影されたテープを見直して見ると、
そこにはモンスター化した人間にある共通した特徴が映っていた。

「モンスターは、人間に比べて滑舌が悪い…!?」

これまでにモンスター化した全ての者が、滑舌に異変を
起こしていたことに気付いたメンバー。
早口言葉でモンスターを見分けることにした!

モンスターじゃなくても噛むこと必死!?
某アーティストの名前が遊園地内に響き渡る第5話!!



本、BD,DVDなども発売されています。








その他の商品はこちらです。超絶☆絶叫ランドの商品一覧


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする